夢見るインディさん

雑記とは名ばかりの実体は気が向いた時だけ書くただの日記

オンラインゲームの管理会社の対応

いつも楽しいことしか書いてないので、たまには負の部分のことも。
今現在、私が遊んでいるオンラインゲームは2つ、スカッとゴルフパンヤとラグナロクオンラインです。
スカッとゴルフパンヤでこんなことがありました。
2月にマスコット(一緒にラウンドしてくれるキャラクター)を購入したんですが、CP(リアルマネーで購入できるゲーム内通貨)だけ引かれて実際にはマスコットは使用できませんでした。
サポートにメールを送った所、ログを調査するとの返信はあったものの今現在対応はされてません。
すでに約4ヶ月が経過しようとしているのにもかかわらずです。
逆に先月、ゲーム内アイテムを購入した所、ゲーム内アイテムは増加したにもかかわらずCPが差し引かれていませんでした。
こちらは今月、あとでCPを差し引いておくとの返信がありました。
この対応の違いは何でしょうか?
自分の会社に都合が悪いことは放置で、不利益となることは即対応ですか・・・、ゲームポットさん。
会社の経営としては利益追従は間違っていないと思います。
ただしその場の利益を求めるのと、信用を失って今後の利益を損なうのはどちらが大きいかは小学生でもわかることだと思いますが・・・。
よくGamepotをもじってがめぽと揶揄されてますが、考えた人には座布団あげたいぐらいですw
もう一つのラグナロクオンラインはBOTと呼ばれる自動プログラムキャラが溢れ、アカウントハッキング等も頻繁に起き、管理会社の管理が追いついていない状態です。
管理会社のガンホー社は、不正を取り締まっていると言っておりますが、例えると船底に穴が開いた船の水をペットボトルのキャップでかき出している状態です。
これでも不正対策していると言えますでしょうか?
開発会社のグラヴィティ社に船底の穴を塞がせて、それでも浸水して来た水をかき出すべきなんじゃないでしょうか?
ゲーム内にはBOTやBOT露店が溢れてます。
あくまで私の体感ですが接続者のうちの3割~5割ぐらいはBOTです。
運営会社としてBOTを禁止しているにもかかわらずです。
主にBOTやアカウントハッキングはRMT(リアルマネートレード)に利用されています。
RMT市場は1億5000万円規模とも言われています。
BOTを放っているのは主に海外で特に中●。
つまりそんな規模の日本のお金が海外に流出しているのです。
また組織的に行われマフィア等の資金源にも利用されているとも言われております。
詳しく書いてると長くなるので興味を持たれた方はRMT等で検索をかけると良いでしょう。
BOTやRMTを利用することはもちろんのことですが、安いからといってBOT露店から購入することもRMTに利用されるゲーム内通貨を増やすことになるのでやめましょう。
そもそもRMTを利用する日本人がいるから商売が成り立ってしまうんですけどね・・・。
嘆かわしいことです。
ガンホー社は、前回のオフラインミーティングでアイテム課金が一段落したら不正対策をするという旨のことを公言しています。
会社の公式発言として不正対策が後回しだという発言もどうかと思いますが、どうやら現状を見る限りアイテム課金がいまだ一段落していないようです・・・。
こちらの会社は癌呆と揶揄されています・・・。

長くなってしまいましたが、パンヤもラグナもゲーム自体は好きなゲームなので運営会社にはもっとしっかりしてもらいたいと思います。
日本の法律が追いついてないことも大きな要因だとは思いますがね・・・。

へばな。
  1. 2007/06/10(日) 06:41:03|
  2. パソコン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ギロチン最高! | ホーム | ジューンブライド>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://indyluluk.blog9.fc2.com/tb.php/152-8b3bf000

インディ

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

トップへ戻る