夢見るインディさん

雑記とは名ばかりの実体は気が向いた時だけ書くただの日記

引き続き色々初体験

無事(?)会社から逃げる事には成功しました。
というか正確には会社が機能していないというのが正しいのですが。
会社の登記事項証明書によると3人の役員がいたんですが、1人が抜け、1人が死亡し親族は相続放棄、残り1人は行方不明という状態に。
行方不明の役員にも数年前に役員抜ける訴訟起こされたっぽくてそれを認める回答をしてたっぽいので実質役員が存在しないという変な状態に。
困り果てて相談行ったんですが、労働基準監督署→ハローワーク→法テラス→市役所→(電話で)法務局→弁護士とたらい回しにあいました。
最終的に30分5,400円の弁護士相談で出た結論が何もしないで下さいとの事。
自分に未払給料があるので、債権者として会社の破産管財人を立てる手続きを取る事も出来ない事はないけど、申し立てた人だけじゃなく債権者全員で会社の資産を案分するので確実に赤字になるそうです。
軽く調べてみた所、破産手続きに300万円+α(うち200万は最終的に戻るらしいです)かかるのに、俺が回収できる金額はせいぜい数千円でした^^;
こういう状態になった時は、法律的には会社そのままの状態でほっぽっておくのが正しいそうです。
取引会社や大家さん困るだろうに。
という事で法律上はまだ会社存在するのに幽霊会社となっています。
とりあえずお客さんにはこっちの都合は関係ないだろう思い、下請け会社に承ってた仕事は全部引き継いだんですが、それも本来はやっちゃダメだそうで。
ハローワークによると役員いなくなってから引継ぎ等で動いてた約1ヶ月はあくまで俺が勝手に動いてたという事でただ働きになりました。
まぁどっちにしろ給料出してくれる人が存在してないのでただ働きも何もないんですけどね。
その間の出費は自腹。
普段1,439円/月だった携帯電話料金も1万円超えてましたよ(´;ω;`)
法律的には何もしちゃダメ言われても道義、道理的にはねぇ・・・。
出勤簿もタイムカードも存在しない会社だったので俺が働いてたという証拠が一切なく退職日を認定して貰うのも一苦労でした。
最終的にはハローワークの人が色々尽力してくれて役員が死亡した日まで働いてた事になりました。
とりあえず退職日はなんとか認定して貰えたので人生初の失業保険の受給手続きに行って来ました。
手続きの数週間後、雇用保険説明会へ。
雇用保険の概要や職業訓練校の紹介等々、色々説明受けたので2時間近くかかりました。
説明会出てれば求人活動実績は満たすとの事で、指定日に第1回目の失業認定の面談に行って来ました。
失業保険の期間を条件によっては延長できることを説明され、就職活動の状況を説明して今回は約5分程で終了。
約1週間後に日給換算の7割×22日分が振り込まれるそうです。
同時に未払給料立替払制度を利用しようと労働基準監督署にも相談しに行ってるのですが、こっちも働いてた証拠が一切残ってなかった事がネックになってます。
もし申請認められても最大で未払給料のうちの6ヶ月分の8割しか出ないらしいので、確実にただ働きだった期間も出て来ます。
自分も何度もガソリン代かけて資料提出には極力協力してるつもりだし、労働監督署の人も調査に歩いてくれてるようなので何とか認められないかなぁ。

結果的にただの一平社員なのに実質1人で運営してた会社から解放されてほっとはしているんだけど、辞めてからも次々問題が発生してお金や時間取られてるのがねぇ・・・。
運が悪すぎる。
  1. 2015/07/23(木) 10:50:33|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<オーストラリアン・ウルフ | ホーム | 誰うま>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://indyluluk.blog9.fc2.com/tb.php/371-29532f0e

インディ

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

トップへ戻る